« 新図書館建設は凍結か? | トップページ | 公共施設再編と「地方政府」の時代 »

2008年12月10日 (水)

「第9回こまえ地方自治講座」のご案内

迷走し、政権の崩壊すら予感させる麻生政権ですが、一刻も早い解散・総選挙が待たれる今日この頃です。皆様如何お過ごしでしょうか。

さて前回11月の講座では「狛江市まなび講座」を活用して狛江市企画財政部政策室から講師を派遣していただき「地方分権」をテーマとしました。明治維新・戦後改革に次ぐ第三の革命と言われる地方分権改革はどこまで進んでいるか、2000年地方分権一括法の目玉と言われる「機関委任事務の廃止」ってナンのこと?とか、二重行政の見直しとは具体的にどのような業務を指すのだろうか?とか、道州制に関連して、小さな狛江市は合併せずに生き残れるのだろうか?などの疑問も出されました。

さて、12月20日の第9回講座では、今争点となっている「公共施設再編方針策定」論議にメスを入れてみたいと思います。財政難から新図書館建設や駅前三角地整備、そして中学校統廃合も進んでいません。公共施設再配置にあたっては狛江市の将来像(まちづくり)をどうするかと言う問題にも突き当たります。
そこで「狛江市公共施設再編方針策定委員会」の市民委員の方をお招きして議論の状況、今後の見通しなどをお聞きしたいと思います。

ぜひ皆様ふるってご参加くださいますようご案内致します。


■第9回地方自治講座
■「どうする?公共施設再編方針」(講師・策定委員)
■日時 12月20日(土)午前9時半~12時
■会場 中央公民館 第1会議室

★今後の講座の予定は以下の日程です。
1月31日(土)午前9時半~(第1会議室)
2月14日(土)午前9時半~(第2会議室)

★連絡先 清水信之  狛江市岩戸南4-27-8
℡03-3480-0306  市民自治研究会
2008年12月10日(水)08:10

|

« 新図書館建設は凍結か? | トップページ | 公共施設再編と「地方政府」の時代 »

こまえ地方自治講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「第9回こまえ地方自治講座」のご案内:

« 新図書館建設は凍結か? | トップページ | 公共施設再編と「地方政府」の時代 »