« 「第9回こまえ地方自治講座」のご案内 | トップページ | 謹賀新年 »

2008年12月13日 (土)

公共施設再編と「地方政府」の時代

■今日、土曜日午前の「地方自治講座」では「公共施設再編方針策定委員会」からK委員をお招きして、議論の枠組みや4回までの委員会の様子をお聞きして問題のありかを探った。テーマが具体的なまちづくりなので興味をそそったのか、年末にも関わらず現職市議の3名を含めて10名の参加を得た。

■策定委員会の議論は「公民連携論」の第一人者「公民連携推進協会」代表の根本祐二東洋大教授を委員長として、副委員長に中央大学大学院公共政策研究科の細野助博教授という専門家の下に、市内の福祉・建設環境・社会教育・保育の現場から指名された委員に加えて5名の公募委員で構成されている。年度内6回(あと2回)の委員会で「方針案」を上げる予定だが、到底「ゼロベースからの議論」の着地が間に合うとは思えないので自主的勉強会を精力的に進めているとのことである。

■今日までの議論の大勢では、①市財政の制約を充分考慮すること、②選択と集中を進める(施設の廃止や統廃合・複合利用も考える)、③耐震化など市民の安全・安心を優先するなどの議論状況になっているとのことだが、さらに従前の市の再編計画(まちづくりプラン)では前提になっていた公有地売却(学校跡地・南口自転車撤去保管場など)に対しても否定的な意見が大勢を占めているとのことでした。

■前にも書いたが、全体約80億円の施設計画の内50億円を売却財源で手当てする計画だったから、売却ありきとしないとなれば大幅な「まちづくりプラン」の見直しは避けられないことになる。同プランの事実上のお蔵入りとのイメージさえ出てくることになる。とりわけ30億円の新図書館計画の大幅修正は避けられないことになるが、それも前回書いておいた。

■参加者からの議論では、(これも前から言っているように)10年~20年スパンのまちづくりのビジョンが示されなければ策定に当たっての(施設の選択と集中にあたっての)「判断基準」が定まらないではないかということを踏まえて、高齢化による公共サービス需要拡大と一方における生産者人口減少による財政縮小時代を迎え撃つには、コミニティの再生(による地域福祉力)は欠かせない。そのため施設の地域「分散拠点」化の発想も集中・統合の一方で(一見矛盾だけど)必要だよね、そのためにも、コミニティスクールなど学校を「地域のヘソ」としてその資源の有効活用は必至だよねといったハナシに花が咲いた。云わば「協働型社会」への作り変えといった理念からのアプローチである。

■あとでツラツラ考えた。10年~20年先のまちの姿を想像してみようよというとき欠かせないのが、来年制定予定の「新地方分権一括法」による「分権型社会」のイメージなんですよね。そこが見えていないと単純な財政縮小による公共からの撤退(施設の廃止)だけが前面化して「夢のない」まちづくり計画になってしまうのですよね。そうじゃなくて「地方政府の時代」と分権改革推進委員会が力説しているように、地方へ権限・財源と共に仕事も移ってくるのですよね。それって例えばみんなが「ナンとかなんないの」と思っている学校施設の有効活用の壁を取り払い、地域の実情で福祉やコミニティとの複合活用が出来るようになるっていう世界ですよね。本来の市町村の学校を人事・予算を含めて取り戻す「教育分権」とセットでね。また協働型社会の核心であるNPOの認可事務移転と同時に育成策が可能になるし、介護施設の認可・介護事業者の監督だって都道府県から移れば自前の介護・福祉基盤整備が目指せるのですよね。

■まちづくり(都市計画改定等)の自由度も増し、マンションの街になりつつある狛江の「住宅都市」をどうするのかビジョンも描けるし、建築確認事務も市がやらないでナニが「住宅都市」かっていうハナシも出てくるし、道路法の不自由さでオープンカフェがなかなか進まない道路管理権限も公安委員会管理から自治体に移ろうとしているのですよね。ハタマタ「水と緑の住宅都市」=ベットタウンでは、まちの活気は生まれないと「基本構想改定」でハラをくくれば地場産業育成に市が本格的に乗り出すことは可能になりますよね。

■もっともそういう分権型社会はお口を開けていれば飛び込んでくるのではなく、猪瀬直樹さん達分権委員会と官僚・族議員が熾烈な戦いをやっているように、ヒモ付き補助金に縛られている公共施設の有効活用を所管省庁とケンカを覚悟で実力行使する気概がなければ改革はやってこない(新藤宗幸)のですよね。ですからもうすぐやってこようとしている分権型社会をベースに公共サービス(シビルミニマム)とその箱物機能(公共施設)を考えることはどうしても不可欠ではないかと思う今日この頃でした。(その日の午後の公共施設ワークショップにもお付き合いしました。最後になってようやく20人ほどが集まって喧々諤々やってました。私からは「新しい公共空間」の再設計が前提の議論ですよねと一言いっておきました)
2008年12月20日(土)19:31

|

« 「第9回こまえ地方自治講座」のご案内 | トップページ | 謹賀新年 »

こまえ地方自治講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公共施設再編と「地方政府」の時代:

« 「第9回こまえ地方自治講座」のご案内 | トップページ | 謹賀新年 »