« あなたに狛江の将来像が見えますか? | トップページ | 市民不在の基本構想策定 »

2009年2月11日 (水)

関口博市長の国立市政は大丈夫か?

■たまたま小耳に挟んだので、国立市の「財政健全化の方策(案)」(09年1月20日市報)を見ている。20年スパンの財政予測も資料に出ているで、我が狛江市基本構想議論の参考にと興味を持ったからである。ところで同じコンパクトシティで同じような財政状況の我が狛江市政も極少数与党政権(共産党)だが(私は自民との準オール与党政権と呼んでいる)、国立市政も与党は、共産・生活ネット・民主・社民・新しい風が11名で全体24議席だから厳しい市政運営を迫られているし、2期勤めた反戦・反住基ネットの上原ひろ子市長の後を引き継いだ市民派・関口博さんの政治的立場は狛江の矢野さんとかなり似ているという関係にある。

■その関口さんがかなり窮地に立っているのではないかと推測する。この新しい財政健全化計画に最大与党の共産党(4名)をはじめ、社民(1名)そして中間派無所属などがモーレツに反対を表明しているからである。(といってもブログなどのレベルの意思表明であり、民主・生活者ネットなどの態度は未だ見えていない)その争点は「保育園民営化」であり「ごみ有料化」さらに「長寿祝い金見直し」「下水道・国保料値上げ」などである。さて狛江の皆さんならお分かりでしょうが、これらはどこの自治体でも通過儀礼の「行財政改革のハードル」ですよね。(狛江の保育園民営化は棚上げのままですが・・・)国立市が今そこを迎えていることに少し驚いています。ウームこれを上原市政の負の遺産と考えるかそこまでがんばったと見るかですけどね。

■多くの自治体が財政非常事態宣言を出した平成15から16年(04年)、狛江も国立も緊急事態宣言を発して(場当たり的なビジョンなき)再建策を講じてきました。私の最後の議員任期の途中の市長選挙(平成16年夏)では現矢野市長へ批判的支持ながら「行革の火だるま突撃隊長」に志願したのを思い出します。生活者ネットワーク系の上原ひろこ前市長に直接面識はありませんでしたが、関口市長とはかって「市民自治をめざす三多摩議員ネットワーク」という無所属市民派系の約20名ほどの市民運動型?議員集団で一緒だったので多少お付き合いがある方です。その上原前市長の住基ネット接続拒否を理論的にも支えていたのが元プログラマー(技術系?)だった関口さんであり、同じ若手の重松クンだったと記憶しています。

■ハナシがあちこちですみません。実は今ナゼ「財政再建プラン」が再び浮上かということですが、ポスト「集中改革プラン」の時期なのです。平成17年から21年度までの5年間の総務省・新行革指針に基づく「集中改革プラン」の策定が全国一斉に「助言」されましたよね。当時の片山鳥取県知事が「そんなこと強制されるいわれはない」と拒否したように助言ではなく、相変わらずの「通達行政」の大きなお世話ナンですが、まあしっぺ返しを恐れてどの自治体も従った例のプランです。その目玉は「民間委託化」「職員給与・定数削減」「事務事業再編」などでした。

■私は与党体験を経て「火だるま行革隊長」に変身しました。(だから、ごみ有料化・敬老金廃止・保育園民営化の3点セットは改革の目玉と言ってきました)野党時代はシングルイシューを旗印で済みますが、「与党」はそうは行きません。総務省の「命令」でつくっ「集中改革プラン」(狛江ではアクションプラン)の背景には岩崎美紀子・筑波大教授らの「分権型社会に対応した地方行政組織運営の刷新に関する研究会」(総務省委嘱)の『分権型社会における自治体経営の刷新戦略』(平成17年3月)がありました。そのキーワードは「新しい公共空間の形成を目指して」でした。

■私達の目指すべき地域社会・自治体(経営)とは何かが問われました。平成18年11月には神野直彦委員長の「新地方分権構想検討委員会」(地方6団体によるプロジェクトで北川正恭・堺屋太一・榊原英資ら16名)が『分権型社会のビジョン・豊かな自治と新しい国のかたちを求めて』を国の新・地方分権改革推進法制定を前に発表しました。このビジョンこそ「新しい公共の形成」と共にワタシラ自治体関係者の当面のバイブルではないでしょうか。バイブルとまで言わないまでも自治体改革論の大きな流れとして基本的に理解していないと総論賛成・各論反対の愚(抵抗勢力)を犯しますよね。(その各論には今日は触れません)

■最後に私のかっての「三多摩議員ネット」の友人達にお願いです。国立の関口さんトコのピンチにどうぞ手助けしていただきたい。定例の学習会などで是非「国立市政の困難」を突破する改革戦略を議論して下さい。かって「運動圏と制度圏の区別」という議論をした覚えがありますよね。「国立の関口市政」を守れなくては三多摩・市民派の未来は期待できないとの思いで正面からの議論を期待します。(ちなみに国立市の財政予測も今日の金融危機不況による税収落ち込み等は勘案されてないだろうから、実際はもっとシビアなハナシになりますよね)
2009年02月11日(水)13:30

|

« あなたに狛江の将来像が見えますか? | トップページ | 市民不在の基本構想策定 »

地方分権改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関口博市長の国立市政は大丈夫か?:

« あなたに狛江の将来像が見えますか? | トップページ | 市民不在の基本構想策定 »