« 小さな政府派VS公立図書館派 | トップページ | 関口博市長の国立市政は大丈夫か? »

2009年2月 9日 (月)

あなたに狛江の将来像が見えますか?

地方自治講座―『公共施設再編』&『基本構想改定』を考える―

■前回1月31日の講座では大詰めを迎えた「再編方針策定委員会」の「公共施設再編方針・素案」をめぐり、図書館の意義を主張する市民の方と策定委員の方の綱引きがあり、興味深かったですよ。

■その策定委員会(委員長・根本祐二教授)は「都市経営」の視点から公共施設更新(と公共サービス)の優先度を①財政②安全③子育てと定めた「素案」を2月15日の市報に掲載し、パブリックコメントにかけるべく最終調整が続いています。2月4日の第6回策定委員会でも議論は未消化の行きつ戻りつで、委員長より「まちづくりプラン(旧再編計画)は実現不可能なプランだった。(今度は)実現可能なプランを示す」と語り当該委員会の役割を再確認していました。

■さて、その公共施設計画の結論を反映させるという関係になっているのが基本構想改定である。20年ぶりに狛江の将来像(基本構想)を見直す「第1回総合基本計画審議会」が会議日程を非公開なまま(?)1月29日開かれました。総花的で高度成長時代の「まちづくり」から、地方分権時代の持続可能な都市経営へ、そして何よりも市民が主体的に選択する「将来像」でなければならないはずですよね。

■たった3回の審議で、6月議会提案のスケジュールでは市民議論も起きず、市議会でもおそらくフリーパスになるのは目に見えてますよね。(ナント12月議会ですら基本構想改定に対する質問すらないノンビリ屋の居眠り議会ですから)「まちづくりの憲法」改定がこんなイイ加減なことでイイわけないと思いますが、皆様のご意見をお聞かせ下さい。

■第11回地方自治講座(市民自治研)
■「公共施設再編」&「基本構想改定」を考える」
■2月14日(土)午前9時半~12時
■中央公民館 第2会議室

★第12回講座の予定は
4月4日(土)午前9時半~(第3会議室)

★連絡先 清水信之 狛江市岩戸南4-27-8
03-3480-0306  市民自治研究会
2009年02月09日(月)11:32

|

« 小さな政府派VS公立図書館派 | トップページ | 関口博市長の国立市政は大丈夫か? »

こまえ地方自治講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あなたに狛江の将来像が見えますか?:

« 小さな政府派VS公立図書館派 | トップページ | 関口博市長の国立市政は大丈夫か? »