« 「自治のまち」は描けるか? | トップページ | 「市民の成熟」は可能か? »

2009年7月29日 (水)

せめて三多摩の平均水準の財政へ

■昨日28日は基本計画上で今後5年間の行財政改革(運営)のフレームと重点課題・達成目標などを整理する「行財政運営ワーキンググループ(WG)」第1回会合だった。事務局からは8月中旬の第5回分科会にその素案を提出してとのことであり、とすればお盆返上でも後2回程度で仕上げなければならないことになる。まあ基本構想審議でも同じような強行軍だったから半ば諦めの心境だが、やれるところまでやるしかないか・・・。

■先ず座長(リーダー)の木山委員から、当該WGの議論の枠組みとして企業経営視点からの行財政改革テーマの抽出が図解資料と共に提案された。それを踏まえて小尾委員からは、「(今後5年~10年の)財政の水準・改善目標を立てなければ何事も始まらない」と、財政課作成の「平成19年度26市の財政力比較表(財政力指数や借金・貯金高等々)」を資料提出し、とりわけ三多摩各市の内、人口規模等の類似団体(狛江・稲城・清瀬・国立等6市)の財政状況比較の平均水準を最低目標値として、基本計画の狛江市の行財政改革のフレーム整理を図ろうと提案があった。次回にその分析資料を小尾委員が作成提出することとなった。この財政(改革)の独自ガイドラインを設定すべきとの提案には当然賛成した。

■前回ブログでも言ったように、この分科会の担当領域は「第4次行財政改革大綱」策定と、言わば「ポスト・アクションプラン」を先導し、方向づけることになるのであり、とても荷の重い仕事である。又グチになるけど、それを3回程度のWGで仕上げなければならないとはトホホである。だから枠組み議論も不十分を承知で、私からは基本構想(素案)の「2 行財政運営」の項の記述に踏まえた施策項目の頭出しを試みた。(下段にコピーしておきます)しかしとユーか、やはり、「自治基本条例制定」や「議会改革」などのテーマ(各論)だけでも相当な議論の時間を必要とすることは当日のWGメンバーの感触でもあきらかだった。(だから、申し訳ないけど基本計画論議のフォローアップも兼ねた地方自治講座にも出来るだけ顔を出して頂ければ幸いです)

――――――――――――――――――――――
■第1回行財政ワーキンググループへの提案(7月28日・清水)
(施策項目)   ○印が施策項目頭だし部分

2 行財政運営

①地方政府としての自立と自治体運営の強化

○地方分権に対応した地方政府としての運営原則である自治基本条例制定を進める。
○二元代表制の議会として議決事項拡大など牽制機能を強め、インターネット中継など市民に開かれた市議会へ改革する。
○自治体経営のビジョン・戦略機能を充実させ、政策・法務能力を高める組織整備を進める。
○財政運営ガイドライン・財政判断指標設定、中長期財政計画策定など財政の根本的改革を進め、財政健全化を果たす。
○簡素で効率的な行政をめざし、職員定数削減や公共施設再編、事務事業の一層の見直しや民間委託化を進める。
○選択と集中の適正な政策選択を行うため、基本計画の施策評価や事務事業評価を実施し、行政評価制度を充実させる。
○行政の質の向上を計り、時代の変化に柔軟に対応できる人材の育成、人事評価制度と能力給など人事制度改革を一層進める。

②地域が支える自治体経営と地方分権の推進

○持続可能で活力ある地域社会づくりの総合的な経営主体として、地域の多様な資源を活用し、民間団体・企業との一層の連携を計り、新しい公共空間の創造を進める。
○廃棄物問題や防災問題など、市域を越えて解決が求められる行政課題に応えるため近隣自治体との広域連携を進める。
○200年地方分権一括法に続き、第二期地分権改革が進められつつある。地方政府としての権限の移譲、財源確保を求めて国や都に積極的に意見を述べていく。
――――――――――――――――――――――――
■第2分科会(第3回)7月30日(木)7時~市役所4F特別会議室
■第1分科会(第4回)7月31日(金)7時~市役所502会議室
■8月4日(火)「行財政ワーキンググループ(第2回)」6時~市役所502会議室

*************************

■第16回こまえ地方自治講座
■第1部 「自治基本条例読本」学習
■第2部 基本計画市民分科会のフォローアップ
■8月1日(土)午後1時~4時
■中央公民館 第2会議室
■資料代 200円程度
★17回講座の予定
 8月29日(土)午前9時半~第2会議室

*************************
2009年07月29日(水)12:04

|

« 「自治のまち」は描けるか? | トップページ | 「市民の成熟」は可能か? »

狛江市総合基本計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: せめて三多摩の平均水準の財政へ:

« 「自治のまち」は描けるか? | トップページ | 「市民の成熟」は可能か? »