« 9月24日総務文教委に注目! | トップページ | 議論できない議会をどうする? »

2009年9月25日 (金)

議会も(市民へ)お任せ民主主義か!

■昨夜8時に再会した総務文教委員会で、吉野議員(ネット・社民)の継続審査要求を退け、「第3次狛江市基本構想」に対する採決が行われた。結果は「計画期間20年を10年」とする一部修正の上、市長提案が可決された。29日(月)の本会議でも同様な結論になるであろう。計画期間を巡る修正は明政ク(自民)からとネット・社民からも出ていたが、そのネット・社民は同時にかなり大幅な加筆修正提案を行った。

■計画期間を巡る議論は前回(9月16日)の総務文教委員会のレポートの通りであり、議会側の指摘は正論だ。そもそも審議会自身、20年先を見通した議論など誰1人として問題提起した委員はいなかったし、分野によっては何の裏付けもない美辞麗句を並べただけなのだから、所詮20年だろうが10年だろうがどうにでも解釈(延び縮み)できるハナシだ。ただ、空想の20年とするより実行計画である基本計画と同じ10年間とすることで、基本計画(施策)にどう落としてゆくかを見れば「構想」が美辞麗句だったか否かハッキリするだけである。

■前から言ってきたが基本計画の要約(セット)としての構想でなければ(お飾りで)役に立たないのであり、その意味ではすでに多くの自治体で採用している「10年総合計画」(基本構想と基本計画の合体)に近づいたのである。行政をかばい、与党・共産党が云う「社会情勢の変化にも耐えうる理念としての20年基本構想」なんて時代遅れの旧自治省モデルに固執する理由はわからないが、そう云うワケでこの修正は議会(多数派)の一応の見識として評価してよいと思う。

■ただ明政も公明も民主も前回の委員会ではあれほど原案に文句を言っていた割には、計画期間の短縮だけでお茶を濁したのはナゼだろう?その点、吉野議員(ネット・社民)は堂々と将来都市像=キャッチコピーを含めた修正案を提起した。「わたしたちがつくる≪安心して住み続けられる≫水と緑のまち」と「(高齢になっても)安心して住み続けられるまち」とする市民アンケート第一位の要望に応えての加筆であり、他の会派も指摘していたとおり適切な判断である。

■修正案の詳細は、市原ブログや生活者ネットの発信を待ちたいがその他、「新しい公共」概念(とNPO政策)を補強する加筆、自治基本条例の制定を明記した加筆、男女共同参画社会化を意識した加筆、子どもの育ちと自立支援に関する修正なども、基本構想が議論不足で曖昧な表現だった部分を的確に補った修正案と言える。私的には地方分権改革の進行をもっと意識した分権型社会とは何かの議論に踏まえた修正も欲しかったが・・・。

■だから、少数会派の提案といえども折角の修正提案をその場で否決する門前払いの愚は避けて欲しかったのだが、「文案全体に対して各会派が修正を持ち寄ったら議論は際限がなくなる」「そこまで議会が(審議会答申と行政提案に)介入して良いものか」「時間がないではないか」といった声が廊下の立ち話で聞こえてきた。やはり・・・、かすかに期待していた市民と行政と議会のキャッチボールによる、より高次元の基本構想づくりは幻想だった。市民(審議会)への丸投げ・白紙諮問を批判した議会よ、君達もやはり(市民への)お任せ民主主義だったか?そのような(市民へ背を向ける)姿勢が議会というものをますます空洞化させ劣化させていることを気づいているのだろうか?(だから自治基本条例で市民が前面化せざるをえないのである)
2009年09月25日(金)16:32

|

« 9月24日総務文教委に注目! | トップページ | 議論できない議会をどうする? »

狛江市総合基本計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議会も(市民へ)お任せ民主主義か!:

« 9月24日総務文教委に注目! | トップページ | 議論できない議会をどうする? »