« 悲しき狛江市の地方分権感覚 | トップページ | こまえ地方自治講座(第20回)のご案内 »

2009年10月30日 (金)

基本計画・数値目標は役所任せ?

■民主党政権の「官僚依存から政治主導・国民主導の政治」は中央政界だけのハナシではない。テユーカこの政治・行政文化の変革は確実に地方の政治行政の空気も変えることになる。昨日の総合基本計画審議会が珍しく9時過ぎに終わったので委員長采配?で有志の軽い居酒屋懇親会となった。その席でも武藤・法大教授と話したけど、法政の大先輩松下圭一の「官治集権政治」からの歴史的な転換が始まっていることをどこまで地方自治関係者が自覚出来ているか問われてますよね。

■残念ながら「官治集権政治」の対語である「分権(自治)改革論」をほとんど自覚できていないので「狛江の行政文化の変革」はドラスチックには進みそうもないよね。そんなトホホな気分にさせられている総合基本計画づくりの「市民主導」からほど遠い「市民参加」の現場からのグチに引き続きお付き合いくださいませ。

■その総合基本計画審議会の主題は、9月議会での議決(10年構想に修正)をどう受け止めるか、今後の基本計画づくりの進捗管理をどうするかだった。前から言い続けているように、基本構想とその実行計画である基本計画策定を全てたった一年の超特急で仕上げるというヤッツケ仕事ぶりはそもそも「市民参加」をアリバイとしてしか考えていないからである。他市の物真似で「無作為抽出市民公募方式」なども採用してもその市民委員へのガイダンス、政策情報の共有化を省略しての「参加」なのでこれも完全に失敗である。

■市長の基本構想・基本計画「策定方針」も議会で散々批判されたように審議会への「丸投げ・白紙委任」だし、そう批判した当の市議会も市民とのキャッチボールによる基本構想・基本計画づくり(議論)を放棄し「お任せ民主主義」のお手本となり、丸投げされた当の審議会・市民分科会は時間制約だけでなく、議論水準をリードすべき「学識委員」が役所の都合優先で、充分その役割を発揮できない中で、「これまでのような実現性も不確実で総花的な内容から、真に実現性(選択と集中・戦略性)を有する計画内容(とする必要がある)」(狛江市行政評価委員会提言書)は期待できないではないか。

■ただし、かすかな希望はこれまでの基本計画と違い、その実行性を担保し、達成度の事後評価を可能にする「数値目標」を施策単位に設定することが約束されていることである。問題は、残る期間が12月上旬までの3回程度の分科会を経て原案をつくりパブリックコメントに付すスケジュールであり、未だ文案づくりの途中なのに、その文案を仕上げるだけでも3回は終わる。だから、行政評価制度の基本学習も含めて、数値目標をどの施策にどのレベルで設定するのかという肝心な議論の時間はほとんど無いではないか?従って策定スケジュールを数ヶ月延長するしかないではないかと主張した。

■スケジュールへの不安は私以外の委員からも出たが、結局全体の行程表延長までには至らず、ただし12月上旬までの分科会の追加開催は柔軟に対応することとなった。さらに最も肝心な施策目標(指標)を市民委員自身が考え設定することからほど遠い事務局提案(職員の指標作業委員会)によるところとなった。さて皆様これが狛江の「(役所主導の)市民参加」の水準なのです。ちなみにその施策指標は「中項目」の30数項目を考えているらしい。せめて「施策小項目」も対象とすれば100項目以上となり、市民が管理する基本計画の水準が高まる。参考までに、龍ヶ崎市の施策指標は216項目である。(東京都市町村自治調査会「自治体ベンチマーキングに関する基礎調査報告書」)

■おまけに、もう1つ私からの審議会でのツッコミだが、前から言ってきたことだが、実行性ある基本計画づくりに大きく立ちはだかっている問題が「公共施設再編計画の遅れ」である。今年3月に同計画検討委員会報告書から半年たっても行政計画として公に出来ないでいる。予定では12月には公定化するといっている。「新図書館建設凍結、中央公民館廃止による市民活動センター設置」の選択と集中化の答申は真っ当な改革論である。これをお蔵入りにするなら基本計画の財政規律はタガが外れ、「総花的」計画にならざるをえない。それはともかく、「(公共施設計画を)総合基本計画に反映させる」と言いながら、繰り返すが、12月初旬には基本計画原案を仕上げなければならないのだから間に合わないではないですか?ウーム悩み多き、綱渡りの基本計画づくりに引き続きお付き合い下さい。会議日程は市のHPの「会議開催」をご覧下さい。
2009年10月30日(金)16:49

|

« 悲しき狛江市の地方分権感覚 | トップページ | こまえ地方自治講座(第20回)のご案内 »

狛江市総合基本計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基本計画・数値目標は役所任せ?:

« 悲しき狛江市の地方分権感覚 | トップページ | こまえ地方自治講座(第20回)のご案内 »