« 「二元代表制の呪縛」と「公選首長廃止論」 | トップページ | 第27回こまえ地方自治講座 »

2010年5月30日 (日)

意外と面白かった市議会出前講座

■5月28日(金)夜、中央公民館で「地方自治講座」に市議会初の出前講座が行われました。講師は議会事務局次長と議事庶務係長のお二人で、8名が受講しました。テーマは「狛江市議会の概要(狛江市議会のしくみと活動)」といういわば“初級編”の基礎的な制度を学ぶ内容でした。と言うのも議会事務局職員という立場上、議会改革論など議論中の内容には触れにくく、現状を説明すること以上はコメントできにくいといった制約があるからでした。当日の資料としては「狛江市の概要・議会運営」(22年度版・視察用)「市議会だより」「議事日程表」などでした。

■ホントなら議会改革論を巡って議会側と市民が丁々発止のキャッチボールができるようなステージが欲しいのです。だから、ひょっとしたら一方的な現状肯定のつまらない講座になることもちょっぴり危惧していたのですが、意外にも結構盛り上がったハナシになりましたよ。というのも講師陣が初の出前講座ということもあって、当日オリジナルなレジュメを準備するなど結構力が入っていたからでした。そのレジュメは「議会のしくみ」「議会の権限」「議会の活動」「会議における諸原則」という基本的な制度理解を憲法・地方自治法、狛江市議会会議規則などに踏まえて分かりやすく説明するものでした。

■「議会のしくみ」では狛江市議会の前身である狛江村議会の明治22年当時の議事録が残っていて、当時は議長イコール村長という「議員内閣制」だった(しかも村長就任には、当時の神奈川県知事の許可が必要だった)などといったエピソードを交えて、今日の二元代表制を説明したり、「議決機関である議会が頭で執行機関である行政は胴体である」といった表現を紹介したりしてなかなか興味深かったし、「議会の権限」では首長との権限配分の説明に、マスコミを賑わしている鹿児島県阿久根市長と市議会の対立劇を例にとって説明したりで、これも面白かったし議会を市民に分かりやすく説明する苦心のあとが見られましたね。

■その後「議会の活動」では6月議会の議事日程などを例にとって、例の航空計器跡のマンション紛争で20件もの陳情が提出されたことやら、議会ホームページの見方やら、現在の第4次議会改革小委員会が調布市議会で始まったインターネット中継の視察を行ったことなど議会の活動の具体例の紹介がありました。

■そんなレクチャーの後は質疑応答の時間でした。さっそく「一部事務組合議会」と狛江市議会の関係とか、三多摩の市議会での公開度(傍聴や議事録公開)への質問には、「全員協議会」を公開しているのが6市議会であり、さらに「会派代表者会議」まで公開しているのがその内2市議会であり、両方共未公開なのが狛江市議会を含めて13市議会だ(平成22年2月時点)などの紹介があったり、年4回の「定例会」の間がほぼ二ヶ月間あるけど、その間議員としての活動は何をしているの?っていう素朴で本質的な質問が出て、果ては議員の報酬って生活給なの?議員は職業?それとも矢祭町のように日給制のボランティアっていうのもアリなの?とハナシは止まらず、さすがに講師は(個人的な感想ながら)、議員立候補の平等性(資産家でなくとも議員生活が可能となる一定の水準の給料が必要)を担保する意味で現在の40~50万円の月給の意味を説明していましたよ。

■概略そんな2時間でしたが、議会事務局としても議会のしくみやあり方を市民に説明責任を果し、また積極的にPRし議会傍聴などにつなげてゆく手掛かりの一つに「学び講座」を積極的に進めたい旨のコメント(こちらの思い込み?)があり、受講した側からもさらに第二弾の講座では「議会改革」に踏み込んだ内容を期待したいとお願いしてこの日は終了しました。次長さん・係長さんにはご苦労様でした。

■なお、次のこまえ自治講座には多摩市議会基本条例の制定に尽力された「岩永ひさか市議」をお招きして、3月制定後の施行直前に迫った多摩市議会の改革の最新情報などをお聞きしたいですねとなりました。現在彼女に接触中ですので乞うご期待。

|

« 「二元代表制の呪縛」と「公選首長廃止論」 | トップページ | 第27回こまえ地方自治講座 »

こまえ地方自治講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外と面白かった市議会出前講座:

« 「二元代表制の呪縛」と「公選首長廃止論」 | トップページ | 第27回こまえ地方自治講座 »