« 意外と面白かった市議会出前講座 | トップページ | 「議会改革ネクスト・ステージ」 »

2010年6月 8日 (火)

第27回こまえ地方自治講座

~「生まれ変わる議会」へ、多摩市の挑戦!何が多摩市の議員達を突き動かしたか!都内初の「議会基本条例」制定の意義を岩永ひさか市議(特別委・副委員長)に聞く~

■平成22年度からの狛江市の基本計画(5年間)では「自治体運営の基本ルールの検討」が謳われましたが、それは「市民と協働のまちづくりから住民自治のまちへと向かう一歩」(矢野市長22年度所信表明)であり、自治基本条例(議会基本条例)の制定を意識したものです。

■平成12年ニセコ町から始まり、全国で約150の自治体で制定されている「自治基本条例」そして「議会基本条例」(制定100以上)とは何か?をこれまで学習してきました。

■多摩市では平成16年に「自治基本条例」を制定し、それから6年、本年3月には都内で初の「議会基本条例」を制定しました。それは「議会報告会」「市民からの政策提案」「市長等の反問権」「議員間討議」など、”遠い存在だった”議会の大変身です。

■その多摩市議会の一大改革の具体的な姿、そして改革の原動力の秘密に迫ります。

―記―

■平成22年6月26日(土)夜6時~9時
■狛江市中央公民館・第4会議室(2階)
■ゲスト:岩永ひさかさん(多摩市議会議員)
■助言者:石井秀一氏(自治体総合政策研究所)
■資料代等:500円
■主催:こまえ地方自治講座
(清水信之 ℡3480-0306)

|

« 意外と面白かった市議会出前講座 | トップページ | 「議会改革ネクスト・ステージ」 »

こまえ地方自治講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第27回こまえ地方自治講座:

« 意外と面白かった市議会出前講座 | トップページ | 「議会改革ネクスト・ステージ」 »