« 「地域的課題解決のプロジェクト機能が肝心」 | トップページ | 池上洋通語録(12.9公民館講座) »

2011年12月11日 (日)

「原発住民投票」受任者になりました。

■新聞等でご存知だと思いますが、東京と大阪で原子力発電所の是非を問う住民投票条例制定の署名集めが始まりました。有権者の50分の1以上の21万超(東京)の署名で都知事に直接請求が可能となるものです。この請求代表者には32人の方がなっており、その「委任」を受けた「受任者」が署名活動を行うことが出来るという仕組みです。ちなみに条例骨子や請求代表者の一覧をコピーしておきます。あなたも是非ご協力を!詳しくは「原発国民投票」のサイトを、受任者となって署名活動をしたい方は狛江市では「生活者ネットワーク」(3430-1302 FAX 5761-0678)までご連絡を。

■遅まきながら、山本義隆「福島の原発事故をめぐって」(みすず書房)や、槌田劭「原発と科学」(atプラス10/思想と活動)などを読み、原子力村(ムラ)のメカニズムや科学技術幻想について少し理解が進みました。また、山本は「潜在的核兵器保有国の状態を維持し続け、将来的な核兵器保有の可能性を開けておくことが、つまるところ戦後の日本の支配層に連綿と引き継がれてきた原子力産業育成の究極の目的であり、原子力発電推進の深層底流であった。とするならば、脱原発・反原発は、同時に脱原爆・反原爆でなければならない」「ドイツが脱原発を宣言したということは、ドイツが今後も核武装する意図はないという明確な国際的なメッセージを意味している」とワタシラの戦後の(ノーモア広島など)反核運動が反原発に必ずしも結合しなかった反省の意味を明確したことが印象的でした。

***********************

東京電力管内の原子力発電所の稼働についての是非を問う東京都民投票条例案

「(目的)
第1条 この条例は、東京都民の生活に重大な影響を与える東京電力管内の原子力発電所(柏崎刈羽原子力発電所、福島第一原子力発電所及び福島第二原子力発電所をいう。以下同じ。)について、その稼働の是非に関する都民の意思を明らかにするための公正かつ民主的な手続きを確保することにより、中長期的エネルギー政策に係る住民自治を推進し、もって都政の民主的かつ健全な運営を図ることを目的とする。
(都民投票)
第2条 東京電力管内の原子力発電所の稼働の是非(以下「投票案件」という。)に関する都民の意思を明らかにするため、都民による投票(以下「都民投票」という。)を行う。
2 都民投票は、都民の意思が正しく反映されるものでなければならない。この条例の解釈及び運用は、都民の意見表明の自由を保障するとともに、都民の意思形成の機会拡大に資するよう、これを行わなければならない。」(抜粋)
***********************

請求の要旨
[1]原子力発電所の存在、稼動は、東京都民のみならず立地先の住民や周辺住民など、夥しい数の人々の暮らしや命を左右します。この「原発」を今後どうするのかという重大な問題を、これまでのように、国と電力会社と立地先自治体の判断のみで決めてしまうのは間違っています。
[2]東京電力管内の原子力発電所に関し、私たちは、主権者、ユーザー(電力消費者)、電力会社の大株主となっている自治体の住民(東京都は東電株を2.66%保有する大株主)として、これに関与する責任と権利があります。
[3]その責任を担い権利を行使するために、東京電力管内の原子力発電所の稼働について、主権者である私たちが、互いに議論し意思表示をする重要な機会として都民投票の実施を求め、本条例の制定を請求します。

請求代表者
宮台真司(大学教員)
山田 真(医師)
横尾和博(文筆業)
小林聖太郎(映画監督)
島田清作(無職)
吉田由美子(生活クラブ生協理事長)
大西由紀子(認定NPO法人理事)
佐藤直己(平和・環境・人権しながわ代表)
水谷 泉(団体役員)
柳浦 彰(無職)
山木きょう子(団体代表)
荒木伸子[清水伸子](景観と住環境を考える全国ネットワーク)
鳥羽晴美(無職)
松本智子(会社員)
野本耕作(無職)
大場晴男(無職)
鈴木 篤(弁護士)
上原公子(自治体政策情報センター長)
千葉徹弥[ちばてつや](漫画家)
髙田惠理(無職)
桐原麗子[千葉麗子](会社経営/ヨーガ講師)
大橋美紀(ミニデイサービス主宰)
坂下香澄(無職)
富永文子(無職)
柏木千里(無職)
東菜穂美[枝元なほみ](料理研究家)
山本ふき子(福祉団体理事)
塚原彩子(団体役員)
山本太郎(俳優)
冨田早紀(会社員)
南雲玲子(無職)
古田真人(会社経営)

|

« 「地域的課題解決のプロジェクト機能が肝心」 | トップページ | 池上洋通語録(12.9公民館講座) »

原発国民投票」カテゴリの記事

コメント

始めて連絡させていただきます。私の親、友人に住民投票の署名をお願いしようと思いますが、やり方が分かりません。
教えていただけませんでしょうか。

投稿: がみさん | 2011年12月31日 (土) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「原発住民投票」受任者になりました。:

« 「地域的課題解決のプロジェクト機能が肝心」 | トップページ | 池上洋通語録(12.9公民館講座) »