« 「直接請求を成功させる会・狛江」 | トップページ | 「首都で住民投票を実現しよう」 »

2012年1月17日 (火)

「主権在日米軍か!」

■今朝のソコトコ(文化放送)でも吉田照美が金切り声で吠えていた。今頃になって大手メディアが追認するようになっている政府・東電・原子力村(の大罪)の構造解明だけど、肝心な「大本営発表」「官報」と化していたメディア自らの反省は棚上げしたままですけどね。

「国会事故調は6月をめどに報告書をまとめる予定。この日の会合では、政府事故調や東電らの関係者に対する質疑をした。放射性物質の拡散を予測するSPEEDI(スピーディ)のデータをめぐり、文部科学省側が「公開は(昨年)4月末だが、米軍には支援をしていただくため3月14日に外務省経由で提供した」と説明。事故発生の3日後には米軍に伝えていたことを明らかにした。」(朝日1.17)

■政府の責任もそうだけど、東電幹部や保安院や原子力安全委員会の責任も国会事故調では徹底的に追求できるのでしょうか?特に原子力村の御用学者達にはあきれますよね。

「東京電力福島第一原子力発電所の事故時、中立的な立場で国や電力事業者を指導する権限を持つ内閣府原子力安全委員会の安全委員と非常勤の審査委員だった89人のうち、班目(まだらめ)春樹委員長を含む3割近くの24人が2010年度までの5年間に、原子力関連の企業・業界団体から計約8500万円の寄付を受けていた。朝日新聞の調べで分かった。」(朝日・元旦のスクープ)

■原発都民投票請求運動やっていて、色んな市民との対話が刺激となってより学習意欲が高まります。ただ次々にアマゾンの本代もかさむというワケですが・・・、「ヤクザと原発」鈴木智彦(文芸春秋)、そして私の友人である布施哲也・前清瀬市議の「福島原発の町と村」(七つ森書館)、ついでに「体制維新?大阪都」橋下徹・堺屋太一(文春新書)を注文した。今日は「こまえ派遣村」のお仕事で、年末に生活保護申請した路上生活だった方のアパート探しを市原市議とサポートする予定。


|

« 「直接請求を成功させる会・狛江」 | トップページ | 「首都で住民投票を実現しよう」 »

原発国民投票」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「主権在日米軍か!」:

« 「直接請求を成功させる会・狛江」 | トップページ | 「首都で住民投票を実現しよう」 »