« 清水のコメント付き「改革提言」 | トップページ | 白紙委任状型選挙とお任せ民主主義 »

2012年5月22日 (火)

田辺良彦さんとの懇談会

■昨晩(5月21日)田辺良彦さんと「豊かな会」事務局長の絹山達也さんを招いて懇談会が開催されました。参加者は約20名でした。

■さて内容ですが、田辺さんの事情で一時間との制約の中で、冒頭15分、「3つの基本的な考え方」等「所信表明」があり、その後会場から、当日の資料「私の基本政策―新6つのビジョン」を中心に質疑が行なわれました。なお、田辺さんからもありましたがこの「6つのビジョン」はさらに市民の声を聞き、仕上げるマニフェスト(公約)の前段階の提案とのことでした。

■当然というか、「矢野市長後継」ですから、現市政の政策の延長以上の目新しい「田辺カラー」はあまり見られませんが、それでも質疑の中から、「認証保育所保護者負担軽減」等、次の発展段階を目指している分野や、「新図書館」「市民活動センター」など矢野市政で立ち往生した分野の微妙な修正点などもわかって興味深かったこと。さらに比較的高橋陣営が財政改革に優先度が高いと思われる一方、田辺ビジョンでは末尾に「徴収率向上」と極めて小さな扱いとなっており、新たな施策の財源問題を含めて、財政への認識の差があらためて浮上していました。

■そこで、当該「6つのビジョン」では工程表が不明であり、美辞麗句のスローガンにしか取れないものもある。せめて4年間で仕上げる政策とそれ以外を明確にする、財源も示すなどマニフェストらしく整理すべきでは、との問いに、そのように努力するとの確認が取れたのは大変良い成果だったと思います。高橋陣営も(本人は狛江の事情に詳しくないかもしれませんが)首長選挙立候補の最低限の義務として「(主な政策の工程表付き)マニフェスト」は是非示していただきたいものです。

■以上、お二人との懇談会が終了したので次は「総括会議」です。残念ながら擁立が遅かったことから、両陣営の政策一覧表が出ていないこともあり、私たちの「改革への提言(31項目)」との突き合わせは、ほぼ不発に終わっています。と言うか、初めての懇談会では予定候補の人柄や動機、リーダーたる資質の見極めなどに皆さんの興味が優先したこともあります。そんなわけですから、今の段階でどこまで両予定候補者に対する政策評価ができるか不明ですが、ともかくの総括会議を行ないます。今後のことも合わせて相談しましょう。

★「市民と議会の懇談会(予定候補者対話集会総括会議)」
5月24日(木)午後6時半~中央公民館視聴覚室へ。初めての方も歓迎です。皆様ご参集下さい。

|

« 清水のコメント付き「改革提言」 | トップページ | 白紙委任状型選挙とお任せ民主主義 »

狛江市長選(平成24年)」カテゴリの記事

コメント

お世話になります。KOMAEnoKODOMO〈こまえのこども〉
〜狛江の子どもの未来を守るネットワーク〜です。

先日、
狛江市長選挙立候補予定者に
「放射能対策に関する公開アンケート」を実施し、
両候補者の回答を公開いたしました。
みなさんに熱いコメントをお寄せ頂いております。
是非ご覧ください。
http://bit.ly/N107Ys

投稿: KOMAEnoKODOMO | 2012年6月13日 (水) 08時39分

>田辺さんの事情で一時間との制約の中<

…今更だが「田辺良彦を甘やかしやがって」の一言である。実質、狛江の市長は 絹山達也か? まぁ、田辺良彦に脳味噌があるとは思えないから短時間でも仕方ないかな?

俺は はっきり言って 絹山達也 が怖い。
一見、ソフトな奴 矢野ゆたか に騙されてきたからね。

高い授業料でした。

投稿: RIHAD | 2013年3月 2日 (土) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田辺良彦さんとの懇談会:

« 清水のコメント付き「改革提言」 | トップページ | 白紙委任状型選挙とお任せ民主主義 »