« 高橋マニフェストの再点検始まる | トップページ | 「住民代表は議会であり、市長ではありません」(河西氏論文) »

2012年7月14日 (土)

こまえ地方自治講座~夏季連続講座~のご案内

■6月狛江市長選という政治の季節が一段落し、新市政が誕生しました。さて、市長選挙を通じても財政問題やまちづくりや市民参加をめぐって議論が交わされましたが、ワタシ的には自治体改革論を中心にして、議会や市民、そして市役所職員の議論水準が高まらなければ、地方自治を我が物とすることはできないと固く信ずるものです。その際に議論の前提である地方自治(特に地方分権改革)の用語を基本的に理解しておく必要があります。

■そんなワケで、ワタシの愛読書で恐縮ですが、「地方自治職員研修」7月増刊号(100号記念)から、二つの論文を中心にみんなで読み合わせや意見交換をしてみたいと思います。なお、合わせて「自治基本条例研究会」の今年の取り組み(講演会等)についても相談する機会としたいと思いますので奮ってご参加下さい。もちろん参加できる日だけでもOKです。なおコピー代を200円程度いただきます。

~2012年夏季連続講座(松下圭一&今井照を読む)~

■期日:①8月9 日(木)午後6時半~中央公民館 第1会議室
    ②8月16日(木)午後6時半~中央公民館 第1会議室
    ③8月23日(木)午後6時半~中央公民館 第2会議室

■テキスト:「地方自治職員研修」臨時増刊号より、①松下圭一 法政大名誉教授「なぜ、いま、基本条例なのか」(2002年) ②今井照 福島大教授「市民参加の論点」(2003年)を用意します。すでに10年前の論文ですが、云わば今日の「市民参加」や「自治基本条例」論の原点ともいえる論文(それぞれ8~10ページ)です。なお、夏休みの宿題として、ご一読希望の方はお声かけて下さい。

■不明な点は「こまえ地方自治講座」主宰:清水信之まで
090-5815-5761   Eメール:shimizu022048@yahoo.co.jp

|

« 高橋マニフェストの再点検始まる | トップページ | 「住民代表は議会であり、市長ではありません」(河西氏論文) »

こまえ地方自治講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こまえ地方自治講座~夏季連続講座~のご案内:

« 高橋マニフェストの再点検始まる | トップページ | 「住民代表は議会であり、市長ではありません」(河西氏論文) »