« こまえ地方自治講座~夏季連続講座~のご案内 | トップページ | 次は松下圭一「なぜ、基本条例なのか」へ »

2012年7月24日 (火)

「住民代表は議会であり、市長ではありません」(河西氏論文)

■夏休み集中講座(地方自治講座)では、「今井照」(市民参加論)と「松下圭一」(基本条例論)に挑戦します。中でも「自治体改革」や「シビルミニマム」を造語した地方分権の大御所「松下圭一」の松下語は、正直云って難解です。名著「市民自治の憲法理論」(岩波新書―1975年)などは何回読んでも挫折します。それでも惹きつけられるのは私達の固定観念を打ち砕き、新しい発見をさせてくれるからです。

■その最たるものが「社会教育の終焉」(2003年公人の友社)でした。この本はホントにカルチャーショックでした。素人の知ったかぶりですが、「無責任の体系」として天皇制国家を暴いた丸山真男の弟子・松下ならではの「官治・無謬・包括の体系=国家教育批判の書」と言えるかと思います。

■ハナシが松下論にそれ過ぎました。その松下圭一に、太田区役所時代より大きな影響を受けたと思われる今井照福島大教授の「市民参加の論点」が集中講座の第1テーマですが、この「論点」を一言で云えば、「市民参加の概念」を「行政参加」と「政治参加」に区別するところから始まり、そして「そもそも議会というのは市民参加の本家」という発見に至り、市民参加の発展段階として、議会の参加機能と開放性に求めるところにあります。

■実は、先の市長選で私達は少なからず学習の機会を得ました。そのひとつが市長選挙と市議補選の関係で浮上した「首長と議員が主従のごとく扱われる問題」でした。私のブログでも絹山さん、山田さん両候補の「応援する市長を議会の側から支えます」類の公約が議会の独立性を侵す誤りであることをコメントしてきました。

■さらに市長選挙の最初から、ホントの争点は、自民党VS共産党等ナショナルパーティの(代理戦争の)ネガティブキャンペーン選挙ではなく、「オール与党化を必然化する(首長)行政主導型政治のバランスを、議会の復権により、本来の二元代表制に修正すること」つまり、強力な議会への改革なくして真っ当な地方自治と民主主義はやってこないと訴えてきました。

■前置きが長くなりました。さて集中講座の第一テーマの「市民参加の論点」と議会改革の必然性を学習する“副読本”に、実は市長選直前の5月末というタイミングで発刊された狛江市「財政研究会」の『我がまちの財政』第59号の河西直さんによる寄稿論文「狛江市政のここが気になる」(その7)をお勧めしたいというのが今日のブログの目的でした。その論文は「●狛江市の住民を代表するのは市議会です。市長ではありません」のタイトルで始まります。ワタシ的にもこの論理を学習したのは最近ですが、二元代表制の本質に係る鋭い指摘です。

■さらに同論文は「●市議会は、行政運営上の諸案件に対する意思、方針を審議、議決せよ」「●軽々に市民参加を口にすること無かれ」「●本会議の一般質問は市長に対して質問せよ」等々と続きます。これらは議会改革のフレームを平易な言葉で教えてくれる素晴らしい論文です。同論文は財政研のホームページの「資料室」の「投稿記事」にアクセスしていただければ読めます。河西さんには無断ですが、今井論文(コチラは紙ベースでしかお渡しできません)と一緒に参考にさせて頂きます。

■~2012年夏季連続講座(今井照&松下圭一を読む)~
①8月9 日(木)午後6時半~中央公民館 第1会議室
②8月16日(木)午後6時半~中央公民館 第1会議室
③8月23日(木)午後6時半~中央公民館 第2会議室
なお、今晩は「第12回市民と議会の懇談会」で「矢野市政マニフェストの検証」「高橋市政マニフェストの再点検」をテーマに議論します。

|

« こまえ地方自治講座~夏季連続講座~のご案内 | トップページ | 次は松下圭一「なぜ、基本条例なのか」へ »

こまえ地方自治講座」カテゴリの記事

コメント

トホホな議会の一面がこのほど「起こりました」。
都市計画に関する陳情の取り下げです。
建設環境委員会に付託されていた、和泉本町1丁目の長谷工・積水のマンション建設街区の用途地域変更と高度制限を求める陳情が取り下げられました。大会派は「議会で都市計画変更の議論は難しい」、また、「あれは新市長と新議員がやればよい」などという非公式発言です。取り下げる方の理由もいろいろ聞いているところでその中身は「市民を馬鹿にした話」「市民運動への裏切り」ともいえるものですが、議論を回避してきた委員会陳情審議は陳情取り下げでトホホな落ちとなりました。市原広子

投稿: 市原 | 2012年7月31日 (火) 15時51分

>取り下げる方の理由もいろいろ聞いているところでその中身は「市民を馬鹿にした話」「市民運動への裏切り」

…議場国旗掲揚陳情者に対してもそうだが、狛江常民をバカにした様な言動が目立つな。市原広子。だから「プロ市民」は嫌。

「航空計器事案関係者に寄り添う振り」をしていた事は、自身のブログで「矢野ゆたか ファンサービス」をしていた事でも明らか。

俺も下品だが、この議員の下品さもそれ以上。一般狛江常民をバカにするなら即刻辞職を。市原広子。

投稿: RIHAD | 2013年2月28日 (木) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「住民代表は議会であり、市長ではありません」(河西氏論文):

« こまえ地方自治講座~夏季連続講座~のご案内 | トップページ | 次は松下圭一「なぜ、基本条例なのか」へ »