« 松下圭一「なぜ、いま、基本条例なのか」 | トップページ | 「矢野マニフェスト評価表」作成作業終える »

2012年8月27日 (月)

「矢野マニフェスト検証」

■第12回「市民と議会の懇談会」(7月24日)では出席12名で、①高橋新市長マニフェストの再点検と②矢野市長マニフェスト検証を主な議題としました。高橋マニフェスト(32項目)についてはその表現が曖昧で読み取れない部分多く、9月議会に予定されている所信表明等を待って「再点検」を行う事とし、先に「矢野マニフェスト(4年前の公約・41項目)について「達成状況評価表」の作成に挑戦しました。複数の評価メンバーによる3段階評価とその理由などをみんなでチェックして、一定の合意点を見出そうという試みです。その仕上げを予定しているのが第13回懇談会で、明日、8月28日午後6時半~中央公民館第2会議室です。初めての方も歓迎です。

■なお、先日8月23日(木)の地方自治講座(夏休み集中講座)最終日には「なぜ、いま、基本条例なのか」(松下圭一)の後半部分を5人で読み合わせしました。暑くて頭が廻らない中ですが、「4、基本条例のつくり方」「5、基本条例の策定論点」「6、基本条例の基本構造」「7、自治体法・国法・国際法間の緊張」について、相変わらずの松下ワールドにときおり面喰らいながらもなんとか読み終えました。その際、今後の「自治基本条例研究会」の活動計画についても意見交換しました。市長選の後遺症もあり、少し時間をかけて“超党派”の枠組みを再構築しながら、秋以降に再開できるよう努力することを確認しました。

|

« 松下圭一「なぜ、いま、基本条例なのか」 | トップページ | 「矢野マニフェスト評価表」作成作業終える »

こまえ地方自治講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「矢野マニフェスト検証」:

« 松下圭一「なぜ、いま、基本条例なのか」 | トップページ | 「矢野マニフェスト評価表」作成作業終える »