« 参加協働条例改正案へのパブコメ意見 | トップページ | 「職員提案一覧表」非公開に異議申し立て »

2012年9月27日 (木)

置いて行かれる狛江市議会

■9月25日(火)には「市民と議会懇」(第15回)。高橋市長9月議会所信表明や市原市議からの一般質問の総括表(課題別整理)を元に、市議の皆さんの一般質問の評価などを行ないました。市長選に対しての様々な情報交換の場であった当会は、少し落ち着いた「平時」となり、、市民(議員)による市政ウオッチングと政策研究、提言活動グループとして、名称変更を含めて再出発を考え中であり、「狛江市市政改革研究会」と言う名称と世話人体制の案が浮上中です。

■さて、9月議会を目にしての感想の一つに、政権交代後の大いなる政策論議を期待したのに、市長支持派の一部には質問時間を短縮したり、質問内容を自制し、スムーズな?議会運営を意識する傾向があり、これを危惧する意見がありました。これでは市政の意思形成過程が見えなくなり、密室談合型と言われかねないからです。

■かねてより、矢野市政も含めて「オール与党体制」の本質は、行政主導型地方政治にあり、二元代表性の一方の議会の改革なしに問題の解決なしと言って来ましたが、従って狛江市議会を、行政(首長)と堂々と渡り合える力強いもの(自由闊達な議論の場)に変えなければならないのは、政権交代があってもなくても必須課題なワケです。

■その議会改革を巡っては、「遅々とした歩み」の、しかも密室でアリバイ的な「議会改革小委員会」ではどうしょうもないよねというハナシが当日も出ました。そこで情報提供です。私も少しビックリの、お隣、調布市議会の改革論議です。調布市議会のHPをぜひご覧下さい。昨年から来年春を目指して「議会基本条例」制定にメドをつけるべく、月二回ペースで精力的な会議の様子が見えます。「自治基本条例」もまもなく議会上程されますが、議会改革も議長を先頭に超党派で進めています。お隣にも大きく水を開けられ、ガックリの心境です。待たれる狛江市議会改革の話はいずれまた。

|

« 参加協働条例改正案へのパブコメ意見 | トップページ | 「職員提案一覧表」非公開に異議申し立て »

狛江市政改革研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 置いて行かれる狛江市議会:

« 参加協働条例改正案へのパブコメ意見 | トップページ | 「職員提案一覧表」非公開に異議申し立て »