« 消えた「新図書館」と「市民活動センター」 | トップページ | 学習会「狛江市中期財政計画(財政規律ガイドライン)を読む」 »

2012年12月27日 (木)

年頭雑感

■年末の政変(総選挙・自民大勝)をどう受け止めたら良いのか?この年末年始に悶々と考えます。3年前の「政権交代」に大いなる希望を抱いた一人として・・・。そんなワケで自身の最近の思考遍歴を今一度振りかえるために、昨年後半、私の未熟な思考に刺激を与えてくれた本を思い出して見ました。何の参考にもなりませんが、時代認識を皆様と共有できている部分があれば幸いです。
◇廣瀬克哉・自治体議会改革フォーラム編「議会改革白書:2012年版」(2012年・生活社)
◇湯浅誠「ヒーローを待っていても世界は変わらない」(2012年・朝日新聞出版)
◇神保哲生・宮台真司編「増税は誰のためか~神野直彦・高橋洋一・野口悠紀雄・波頭亮・大野更紗・武田徹~」(2012年・扶桑社)
◇孫崎亨「アメリカに潰された政治家達」(2012年・小学館)・孫崎亨「日本の国境問題~尖閣・竹島・北方領土」(2011年・ちくま新書)
◇波頭亮「成熟日本の進路~成長論から分配論へ~」(2010年ちくま新書)
◇広井良典「コミュニティを問い直す~つながり・都市・日本社会の未来~」(2009年・ちくま新書)・広井良典「創造的福祉社会~成長後の社会構想と人間・地域・価値~」(2011年・ちくま新書)
~なお、広井良典の2冊は今読み始めているところですが、広井の「(人口減少社会・ポスト成長社会の)定常型社会論」に触れて、ライフワークである地方分権改革論を深め、その文脈から3年間の民主党政権の意味するところを振り返って見ます。

■そして、今年も、微力ですが市民の立場から「市政改革研究会」「(自治基本条例)議会基本条例制定運動」「こまえ派遣村」「ハンディキャブこまえ」「市民活動(NPO)センター開設準備委員会」など「地方自治」の現場を耕す作業を仲間と共に進めたいと思います。どうかご指導・ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

■なお、「狛江市政改革研究会」は年末に主として「公共施設整備計画」や「中期財政計画」に関する意見交換をしました。財政計画については、引き続き新年早々にOさんからレクチャーを受けます。そして新年から本格化を予定している「議会改革・議会基本条例陳情」運動の構想を議論したいと思います。1月の予定:第5回研究会1月8日(火)、第6回研究会1月22日(火)、共に6時半~中央公民館です。どなた様も飛び入り大歓迎です。

|

« 消えた「新図書館」と「市民活動センター」 | トップページ | 学習会「狛江市中期財政計画(財政規律ガイドライン)を読む」 »

狛江市政改革研究会」カテゴリの記事

コメント

http://www.npa.go.jp/hakusyo/h23/honbun/index.html

>平成23年:警察白書(目次)

第4章 公安の維持と災害対策
第3節 公安情勢と諸対策
1 オウム真理教の動向と対策
2 極左暴力集団の動向と対策
3 右翼の動向と対策
4 日本共産党等の動向
5 大衆運動の動向

…珠に振り返らないと忘れてしまう。何で 日本共産党 は オウム真理教と同じ「単独扱い」なのかしら? 同じ犯罪集団と認識されているのでしょうか? だとしたら、前の狛江市長の日本共産党 矢野ゆたか が、調布警察署と協定結んでいなかった理由も納得ですね。

投稿: RIHAD | 2013年3月 1日 (金) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年頭雑感:

« 消えた「新図書館」と「市民活動センター」 | トップページ | 学習会「狛江市中期財政計画(財政規律ガイドライン)を読む」 »