« 「市民参加の守護神」のふがいなさ | トップページ | 4.28福嶋浩彦さん講演会 »

2013年4月 5日 (金)

第2回市民活動支援センターを考える学習会

第2回市民活動支援センターを考える学習会の案内チラシのコピーです。
どなた様もご参加下さい。

**************************

地域をつくる!地域を変える!
第2回市民活動支援センターを考える学習会
「市民活動支援センターに私達が期待するものは?」
■4月20日(土)午後2時~4時
■狛江市商工会館2階(狛江通り)
■講師 狛江市企画財政部政策室長 小川啓二さん
「市民活動支援センター設置の目的とこれまでの歩み」
■講師 こまえボランティア・センター 大塚隆人さん
「市民活動支援センター運営団体応募の考え方」
■資料代300円
■主催 狛江市NPO連絡協議会
(連絡先:こまえボランティア・センター 03-3480-3615)

■第1回学習会(2月23日あいとぴあセンター)には23名のご参加をいただきました。調布社協の嵐さんの講演では、調布市市民活動支援センターの成り立ちと特徴について、また、同センターの機能・役割について説明していただき、その成果として「えんがわファンド」や「チャリティーウォーク」など興味深い事業展開もご紹介いただきました。
■第2回目の学習会では、狛江市企画財政部政策室長の小川さんとこまえボランティア・センター担当職員の大塚さんを囲んで、市民活動支援センターの目的やセンター開設に向けたこれまでの取り組み状況をお聞きし、次に市民活動を進める私達と参加者より、同センターに期待するものを出し合い、忌憚のない意見交換会とさせていただきます。皆様のご参加をお願い致します。
■狛江市NPO連絡協議会の「市民活動支援センター対策プロジェクト」では、学習会を通じて「こんな市民活動支援センターを創ろう!」といった提言にまとめたいと考えています。


|

« 「市民参加の守護神」のふがいなさ | トップページ | 4.28福嶋浩彦さん講演会 »

市民活動支援センター問題」カテゴリの記事

コメント

>「市民活動支援センターに私達が期待するものは?」

…公金にたかって造って貰おうって事?


>■狛江市NPO連絡協議会の「市民活動支援センター対策プロジェクト」では、学習会を通じて「こんな市民活動支援センターを創ろう!」といった提言にまとめたいと考えています<

…今まで何やっていたの?


>次に市民活動を進める私達<

…「市民派」とわめき続ける 絹山達也 と同じ不快感。NPOの「市民活動」は一般市民の「活動」より偉いんだ。だから建物造って貰って当然って事か?

絹山達也 の「みんなの広場」(舐め切った名称だ。虫唾が走る)でいいんじゃない?
何回も言うけど。公務員OBで年金がっぽがっぽ貰ってんでしょ?お前らで負担しろよ。バカ!

マジで「プロ市民」うざいわ。

投稿: RIHAD! | 2013年4月 6日 (土) 17時27分

https://mobile.twitter.com/shinzawa_k?p=s

>shinzawakatsunori @shinzawa_k 03 9月 【狛江市長】市長就任所信表明city.komae.tokyo.jp/news/index.cfm… 出てくる言葉 財政17回、道路11回 ・・・・福祉3回、教育2回、老人1回、障害0回、放射線1回、原発0回。財政と道路ばかり<

…明政自民が 矢野ゆたか の後始末をやりたくないから呼んだのでは?


>道路ばかり

…道路偏重は困るが、矢野ゆたか が「やらなすぎた」道路補修。
田辺良彦 なんてそれ以上にバカである事は明白。それを応援した「勝手連」の清水や市原も万死に値。

それよりも身障者ケアに従事してる奴のくせに「安全な道路を望まない」なんて頭がおかしいとしか思えない。

投稿: RIHAD! | 2013年4月 6日 (土) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2回市民活動支援センターを考える学習会:

« 「市民参加の守護神」のふがいなさ | トップページ | 4.28福嶋浩彦さん講演会 »