« web版改革研ニュース(第一号) | トップページ | 8.10福嶋講演会に36人参加 »

2013年7月27日 (土)

第二回福嶋浩彦さん講演会

参院選の結果、巨大与党の出現で、この国の民主主義に不安が募りますが、足下の地方自治は益々確かなものにしてゆきたいものです。

さて、昨年の市政転換を受けた高橋市長の改革度を測る重要政策が「保育園民営化」にあると考えた私達は、子育てサービスをめぐる「質とコスト」のベストミックスを市民が選択する機会を求めて、「待機児童ゼロの我孫子市保育園」を実現してきた前市長福嶋浩彦さんの講演会を開催致します。
真夏の時期ですが、是非ご参加下さい。

********************

第二回前我孫子市長福嶋浩彦さん講演会のお知らせ(web版)

「コスト削減でなく、質向上のために民間委託」
~待機児童ゼロの我孫子市保育園~

狛江市では、本年6月、後期基本計画や第5次行財政改革推進計画にもとづき「市立保育園民営化の指針」と「小学校給食調理委託化方針」を策定し、7月には、それぞれ市民説明会を実施しました。そこで、私達「市政改革研」では4月28日の「議会改革」をテーマにした福嶋浩彦さんの講演会に引き続き、再び福嶋さんをお招きして「公共サービスの民営化」をテーマに第2回講演会を開催致します。多くの皆様のご参加を呼びかけます。

(福嶋さんコメント)
『税金の使い方は、主権者である市民の意思に基づき決めることが大切。でも、その税金を使ったサービス(事業)を直接に実施するのは、行政(公務員)とは限りません。むしろ、そのサービスを最も高い「質」で実施できる者へ発注するのが、行政の仕事だと言えるでしょう。また、国の補助金に縛られるなど地方財政の自立が十分でないと、市民の意思で事業を選び、内容を決めることが難しくなります。 より良い公共サービスと地方財政自立のため、今何が必要なのか、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。』

■8月10日(土)午後2時~4時       
■狛江市中央公民館(第四会議室)
■狛江市政改革研究会  ■資料代:300円
代表:内山恵一 ☎090-3682-3612 HP:http://kaikaku132195.web.fc2.com/  

≪福嶋浩彦さんプロフィール≫
1995年~2007年までは我孫子市長、2010年から2年間消費者庁長官を務め、現在は中央学院大学社会システム研究所教授。市長時代は予算編成過程公開、常設型住民投票制度、提案型公共サービス民営化など、「大きな公共と小さな地方政府」を掲げ、市民自治を理念とした先進的な自治体経営に取り組んできた方です。

|

« web版改革研ニュース(第一号) | トップページ | 8.10福嶋講演会に36人参加 »

狛江市政改革研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第二回福嶋浩彦さん講演会:

« web版改革研ニュース(第一号) | トップページ | 8.10福嶋講演会に36人参加 »