市民と議会の懇談会

2012年8月31日 (金)

「矢野マニフェスト評価表」作成作業終える

■8月28日「第13回市民と議会懇」(参加11名)では矢野マニフェスト(41項目)の達成度評価(○△×の三段階)をめぐって“白熱教室”でした。というのも、6人の評価者にが項目によってはまったく反対の評価もあり、なおかつ当日の会場の意見も加わり、デッドロックに乗り上げる場面もしばしばだったからです。

■その原因は、そもそも「矢野マニフェスト」そのものの表現方法が選挙向け?で曖昧であることに加え、評価視点の違いにより大きく最終判断が変わるということです。例えば~①孤独死ゼロへ「独居高齢者見守りシステム」の導入~について、「孤独死ゼロへ」に重きをおき、達成度を考えるか、「独居高齢者見守りシステム」の「導入」の可否で評価するかで判断が違ってくるし、その「あんしん見守りシステム」(アルソックへの委託)事業自体の費用対効果の判断によっても違ってくるからです。(はたまた「孤独死」の定義とはなんでしょうと議論は拡散しました)

■結局、行政でも試行錯誤中の「施策評価」と「事業評価」の違いに加え、最大項目の「政策評価」まで視点を拡げて評価したりするので、評価者間の評価結果に食い違いが出てしまうのではないかと思いました。しかも41項目のそれぞれが、「施策」レベルと「事業単位」レベルが混在していることは先に述べたとおりです。

■そんなわけで、悪戦苦闘の評価作業でしたが、とりあえず6名の評価と会場の意見も加えて、最大公約数を「総合評価」としました。その「矢野市長第4期マニフェスト達成状況評価表」はOさんが最終調整して成果物として、近く皆様にお披露目することになります。

■さて、「市民と議会懇」では、すでにお知らせしているとおり、当面毎月第2、第4火曜日を定例日として、「新市政ウオッチング&提言活動」に取り組んでゆきます。次は、来週9月3日の新市長所信表明そして補正予算などを議論の対象に「高橋マニフェスト」点検作業を進めてゆきます。高橋市政への立場の違いを含めて、開かれた市民のヒロバと考えていますので、気軽にご参加下さい。傍聴もOKです。(次回:9月11日第1会議室、9月25日第1会議室、6時半~9時)

■補足ですが、市原市議から9月補正予算に市基本計画の修正版作成費用(127万円)が計上されることを聞きました。問題はこれを「庁内で行う」とのことですが、1年間かけて市民参加で確定した(22年3月)市の政策の最高指針(10年間・前期基本計画は5年間)を「残りの7年間分」として作成するとのハナシです。

■市長マニフェストによって市民の信託を受けた選挙の後で、基本計画を修正することは問題ないし、むしろ当然のことですが、ただし後期基本計画の市民参加の策定手続きを無視して、向こう7年間分を確定してしまうとなると、市民参加条例違反(市民参加の対象に基本計画が明記されている)の可能性が出てきますよねとのハナシも当日ありました。(市原市議の勘違いだったら良いのですが・・・)

■この「基本計画とマニフェストの期間のズレ」という問題を解消させるために、例えば多治見市市政基本条例では「市長任期ごとに総合計画を見直す」規定が盛り込まれています。このように市長の任期と総合計画改訂をリンクさせることは、総合計画の権威、信頼性・正統性を確保するために是非必要な改革ですよね。もっとも、その際肝心なことは「議会での議決」が担保されていることですよね。早く狛江市議会の改革も必要な所以です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)