市民活動支援センター問題

2015年5月25日 (月)

狛江市市民活動支援センター運営委員へ応募

以下は先日狛江市政策室協働担当へ提出した応募原稿です。

***********************


狛江市市民活動支援センター運営準備委員会市民委員へ応募します。

狛江市岩戸南4-27-8 清水信之(男性・67歳) ☎090-5815-5761   
Eメール:shimizu022048@yahoo.co.jp

「団塊世代の地域デビュー」と「NPOの自立支援」がセンターの中心課題

私は現在、「NPO法人ハンディキャブこまえ」の理事長であり、「こまえ派遣村」の世話人、そして「フードバンクを考える会」運営委員、そして地元の岩戸町会理事などを務めており、NPO活動の現場と地縁団体(自治会)の現状について、それなりに理解をしているつもりです。
また「市民活動支援センター検討委員会」委員を経て、「開設準備委員会」の委員経験から市民活動センター開設のための課題について多くのことを学ばせて頂きました。そこから導き出した私なりの答えが「団塊世代の地域デビュー」と「NPO・市民活動団体の自立促進」というテーマです。

2025年問題(団塊世代が後期高齢者になり、“介護の危機”が訪れる)が高齢者福祉計画の中心テーマとなっており、狛江市も「地域包括ケア体制」の狛江モデルを一刻も早く見出さなければなりません。そこで当該支援センターの役割が求められています。団塊世代の生き甲斐と健康寿命を延ばすことに役立つ、様々な地域貢献活動・地域福祉活動・コニュニティ活動に、現役時代のスキルを生かして参加してもらうことはその「地域包括ケア」の底辺を支えることだと思います。ですから、団塊世代の地域デビューを如何に促すか、それを荷えるのは行政ではなく、市民活動支援センター以外にないと考えます。

もう一つのテーマは「NPOの自立」です。15年前のNPO法成立以降、狛江でも多くのNPO法人が誕生しました。しかし、ほとんどが福祉系の当事者団体から発展したNPOであり、約40のNPO法人の中には休眠状態の団体も見受けられます。また、それらのNPO同士のネットワークを目指した「狛江市NPO連絡協議会」も残念ながら事実上解体状態にあります。今、私自身も「ハンディキャブこまえ」を立ち上げて15年の経験から考えているのは、次の世代に如何に引き継いで行けるかです。もちろんNPOは「隙間産業」であり、ニーズのないところで無理して頑張らなくても良いとも言えるわけですが、それにしても、まちづくり系の活動団体を含めて狛江市内のNPO・市民活動団体の多くがその創始者達の頑張りに拠ったところが大きいですし、「世代交代」は共通の課題だと思います。その世代交代も含めて、行政の助成・補助金頼みだったり、構成員のスキルアップが進まない悩みだったりと自立への課題をたくさん抱えています。それらの課題と格闘しながら、認定NPO取得へ挑戦するなどNPO同士が刺激しあい、自立的NPOを育てる環境としての中間団体がどうしても必要だと思います。そうでないと、最初のテーマに戻りますが、これまた「地域包括ケア体制」の受け皿は難しいからです。

二つのテーマから支援センターの必要性と取り組むべき課題を考えてみましたが、開設までの課題については昨年秋に出した開設準備委員会報告書をめぐって私なりの意見は申し上げてきたので多くは述べませんが、情報環境、財政、他施設との連携など多くが積み残されていますので運営準備委員会の集中した議論が必要ですね。
それにしても、開設時には運営団体候補の「社協」さんのボランティアセンターで培ったコーディネート能力に当面頼らざるを得ないと思いますが、如何にNPO・市民団体自身が、個別自分達の活動(事業)利害を超えて、狛江市の公共(協働)空間の豊かな醸成を目指して支援センターの運営に協力できるかその覚悟が問われているのだと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

動き出すか?市民活動センター

久しぶりの更新で恐縮です。「改革研」も継続中です。また新企画をお知らせしたいと思います。
今日は以下の集会案内です。

********************

「NPO研修会」のご案内

テーマ「動き出す!市民活動センター」
11月9日(土)午後1時15分~
あいとぴあセンター講座室 

暗礁に乗り上げていた狛江市市民活動支援センター開設への動きが年度内にも再開されようとしています。センターという箱ものだけ出来ても機能しないことは衆目の一致するところです。そこで今、あらためて市民活動センターとは何をするところなのか?「ボランティアセンター」でも「公民館」でもない「市民活動センター」の役割とは何か?を考えたいと思います。
私達は考えます。こんな街に暮らしたい、こんな街にしたい、それにはどうしたらいいのか、一緒に考え、実現するための場所が市民活動センターではないでしょうか。開設に向けては、幅広い市民の理解が不可欠です。市民の力が結集してこそ、初めて市民活動センターが動き出すのですから。ご一緒に話し合いましょう。

■「市民活動センター対策プロジェクト」報告
■基調講演:山岡義典さん(前・狛江市市民参加と市民協働審議会会長)
「市民にとって市民活動センターが果す役割」
■活動報告「NPO・市民活動の現場から」
●「違いを認め合う社会を求めて15年」
福祉ネット「ナナの家」 豊田麻子さん、南部誠一郎さん、皆川梓さん
●「カレーショップ・メイをとうしてまちづくりへ」
NPO狛江さつき会 湯川百合子さん
■意見交換(私達がめざす市民活動センターとは?)

主催:狛江市NPO連絡協議会
参加費:無料
連絡先:こまえボランティア・センター
電話03-3480-3615
       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月30日 (日)

第3回市民活動支援センターを考える学習会

■ご承知のように暗礁に乗り上げていた「狛江市市民活動支援センター」設置に関して、その場所が、「小田急線高架下会議室」とのアイデアが浮上してきました。(市議会質問) 私達は、「役所から提供されたスペース」という受身でなく、市民活動団体の交流拠点として「私たちがつくり運営するセンター」のための助走を始めました。是非覗いて下さい。

**************************
第3回市民活動支援センターを考える学習会
テーマ~地域をつなぐ、まちを変える市民活動のネットワーク~
■開催日時:7月7日(日)午後2時~
■開催場所:あいとぴあセンター(研修室)
■講師:「出会いを紡ぎ未来へと」狛江青年会議所理事長 宮原和美さん
■コメンテーター:こまえボランティア・センター大塚隆人さん
■資料代: 300円
■主催: 狛江市NPO連絡協議会
■連絡先:こまえボランティア・センター 03-3480-3615
(狛江市NPO連絡協議会の「市民活動援センタープロジェクト」では、連続学習会を通じて「こんな市民活動支援センターを創ろう」といった提言にまとめ、活動センター開設に向けた動きを加速させたいと考えています。第4回学習会は9月を予定しています。)

(前回までの学習会の概要)
≪第1回市民活動支援センターを考える学習会≫
テーマ「市民活動支援センターの役割と成果に学ぶ」
~調布市市民活動支援センター開設から8年~
■開催日時 平成25年2月23日(土)13時30分~15時
■開催場所 あいとぴあセンター 4階 講座室
■講師 調布市社会福祉協議会総務課長補佐 嵐 祐子さん
■内容 ①市民活動支援センターの組織と運営について
    ②開設後8年の歩みと成果について
    ③コミュニティ活性化と地域貢献について
    ④今後の課題と中期計画について
★参加者23名

≪第2回市民活動支援センターを考える学習会≫
テーマ「市民活動支援センターに私達が期待するものは?」
■開催日時 平成25年4月20日(土)午後2時~4時
■開催場所 狛江市商工会館2階(狛江通り)
■講師 狛江市企画財政部政策室長 小川啓二さん
「市民活動支援センター設置の目的とこれまでの歩み」
■講師 こまえボランティア・センター 大塚隆人さん
「市民活動支援センター運営団体応募の考え方」
★参加者16名
***************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

第2回市民活動支援センターを考える学習会

第2回市民活動支援センターを考える学習会の案内チラシのコピーです。
どなた様もご参加下さい。

**************************

地域をつくる!地域を変える!
第2回市民活動支援センターを考える学習会
「市民活動支援センターに私達が期待するものは?」
■4月20日(土)午後2時~4時
■狛江市商工会館2階(狛江通り)
■講師 狛江市企画財政部政策室長 小川啓二さん
「市民活動支援センター設置の目的とこれまでの歩み」
■講師 こまえボランティア・センター 大塚隆人さん
「市民活動支援センター運営団体応募の考え方」
■資料代300円
■主催 狛江市NPO連絡協議会
(連絡先:こまえボランティア・センター 03-3480-3615)

■第1回学習会(2月23日あいとぴあセンター)には23名のご参加をいただきました。調布社協の嵐さんの講演では、調布市市民活動支援センターの成り立ちと特徴について、また、同センターの機能・役割について説明していただき、その成果として「えんがわファンド」や「チャリティーウォーク」など興味深い事業展開もご紹介いただきました。
■第2回目の学習会では、狛江市企画財政部政策室長の小川さんとこまえボランティア・センター担当職員の大塚さんを囲んで、市民活動支援センターの目的やセンター開設に向けたこれまでの取り組み状況をお聞きし、次に市民活動を進める私達と参加者より、同センターに期待するものを出し合い、忌憚のない意見交換会とさせていただきます。皆様のご参加をお願い致します。
■狛江市NPO連絡協議会の「市民活動支援センター対策プロジェクト」では、学習会を通じて「こんな市民活動支援センターを創ろう!」といった提言にまとめたいと考えています。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

市民活動支援センターの復活を求めて

■昨年12月10日のブログ『消えた「新図書館」と「市民活動センター」』で書いたように、浮かんでは消えの挙句、他市より10年遅れの狛江市の「NPOセンター」開設をナンとかたぐり寄せたいとNPO関係団体が動き出しました。
■私事ながら、「ハンディキャブこまえ」(平成10年開始)というNPO団体の事務局長を引き受けて、約10年。その間、今日のコミニティバス運行の根拠ともなった道路運送法の改正(平成18年)のもうひとつの目玉だったのがボランティア輸送の「福祉有償運送事業」としての公認化でした。現在約70人の利用会員の利用料及び会費、寄付金・賛助会費及び狛江市からの補助金で福祉車輌3台を運転スタッフ10人で日々運行している。
■ちょうど日本にNPO法が成立して15年、議員立法当初は「市民活動促進法(案)」だったが「特定非営利活動促進法」というワケのわからない名称になったが、現在約5万のNPOが誕生し、狛江市内にも福祉や環境など社会貢献を掲げる約40の団体が活動中です。ただし、「市民公益活動団体(の活動と出会いの場)」としたセンター利用団体の対象は法人格の有無に関わらず、まちづくりや地域社会のニーズに応えようとするすべてのグループに開かれたものと位置づけられています。
■「空き店舗等の活用を検討」に大幅縮小され、いつになったら開設準備委員会を再開するのかさえ不明の「公共施設整備計画」ですが、役所にオンブにダッコの待ちの姿勢でなく、先ずは、私たちが望む「市民活動センター」を描き、市民の共通理解を獲得することが遠くて近道なのかもしれませんね。(以下、案内文をコピーします。多くのご参加を!)

**************************

2/23学習会のご案内
「市民活動支援センター」の役割と成果に学ぶ
~調布市市民活動支援センター開設から8年~

現在、狛江市による「市民の活動と出会いの場」「まちづくりへの積極的参加を促進する拠点」としての市民活動支援センター開設準備は設置場所の問題等があり、予定(平成26年春オープン)より大幅に遅れております。
私達狛江市NPO連絡協議会では、NPO団体をはじめ、多くの市民活動団体が同センターの必要性を再確認すると共に、力を合わせてセンター開設への世論を喚起することが必要だと考えています。
そこで、市民活動支援センターへの理解を深めるべく、お隣調布市の市民活動支援センターの立ち上げに尽力された調布社協の嵐さんをお招きし、下記の要領で学習会を開催します。皆様のご参加をお願いします。

■開催日時 平成25年2月23日(土)13時30分~15時
■開催場所 あいとぴあセンター 4階 講座室
■講師   調布市社会福祉協議会総務課長補佐 嵐 祐子さん
■内容   ①市民活動支援センターの組織と運営について
      ②開設後8年の歩みと成果について
      ③コミュニティ活性化と地域貢献について
      ④今後の課題と中期計画について
■資料代  300円
■主催   狛江市NPO連絡協議会
(連絡先:こまえボランティアセンター 3480-3615)

| | コメント (15) | トラックバック (0)